処遇改善加算に基づく取組

聖マルチンの家は介護職員処遇改善加算(Ⅰ)及び特定処遇改善加算(Ⅰ)を取得しています。取組内容は以下のとおりです。

キャリアパスについて

  • ・介護職員の任用における職位、職責又は職務内容等の要件を定めている。
  • ・職位、職責又は職務内容等に応じた賃金体系を定めている。
  • ・就業規則等の明確な根拠規定を書面で整備し、全ての介護職員に周知している。

職場環境等について

  • ・働きながら介護福祉士取得を目指す者に対する実務者研修受講支援や、より専門性の高い介護技術を取得しようとする者に対する喀痰吸引、認知症ケア、サービス提供責任者研修、中堅職員に対するマネジメント研修の受講支援等
  • ・エルダー、メンター(仕事やメンタル面のサポート等をする担当者)制度等導入
  • ・介護職員の身体の負担軽減のための介護技術の修得支援、介護ロボットやリフト等の介護機器等導入及び研修等による腰痛対策の実施
  • ・短時間勤務労働者等も受診可能な健康診断・ストレスチェックや、従業員のための休憩室の設置等健康管理対策の実施
  • ・タブレット端末やインカム等のICT活用や見守り機器等の介護ロボットやセンサー等の導入による業務量の縮減
  • ・業務手順書の作成や、記録・報告様式の工夫等による情報共有や作業負担の軽減

▲ページ上部へ